靴修理・バッグの修理ならお近くの百貨店内、職人工房までお訪ねください。

職人工房とは

創業者ごあいさつ

もっとお客様へ豊かで便利な生活をご提案することを理念とし、
これを追求して行くことが必要と感じました

 当社の歴史は遡ること45年前からとなります。
日本経済が高度経済成長の波に乗り、輝かしい未来、豊かな生活を夢見、燃えるようなエネルギーに満ちていた古きよき時代でした。

しかし国内の産業はこの時代まだ未熟で、特にサービス業と呼ばれる生活の潤滑油が不足していた時代でした。
 この当時すでに欧米諸国ではサービス業は1つの産業として確立されておりましたが、日本国内においてはまだ生活スタイルの確立されていないなか、国内での新しいサービスの発見、発掘に没頭いたしました。
その結果行き着いたのが、KEY COPY(合鍵)のサービスでした。

 当時国内では、現在のような防犯性・精密製の優れた錠前は普及していない状況でした。
また合鍵も足りなく家族全員が鍵を持っていないため、郵便ポストや植木鉢の下に隠し置く程度で、私が体験した欧米の状況と比べ、まさに発展途上の段階でした。
しかし日本人の英知が爆発的に発揮される時代がやってきました。国産自動車の開発、特に国民車と呼ばれる軽自動車の普及により、成人男性のキーの保有数が2~3本となっていったのです。
アメリカではアポロが月世界に降り立つ時代です。
このような時代背景を追い風として、当社は進化発展してまいりました。

オイルショックを目前にした昭和45年頃より百貨店では物を売るばかりではなく、サービスと空間を提供する機能を持つことによる、顧客第一主義の時代が到来しました。

 当社ではサービスは「オアシス」を提案し、また皮革製品、靴やバッグのメンテナンスを取り入れたプロ集団になること、もっとお客様へ豊かで便利な生活をご提案することを理念とし、これを追求して行くことが必要と感じました。

職人工房が私の中で産声をあげた瞬間でした。

時代が経ち日本も豊かになりました。
当社にも若い新世代がたくさん入社し力を発揮しています。

職人工房はお客様の笑顔を見るのが大好きな集団です。

 職人一人一人の技術、プロ意識やまっすぐな情熱が当社を形づくっています。
あの頃私が発展途上の日本で燃え上がる情熱をもって没頭した精神をしっかりと受け継いでくれているようです。
 豊かな時代となり最近地球環境の悪化や資源の有効活用がやっと危機感をもって騒がれる様になりました。
当社は25年以上前からメンテナンスを通して使い捨てをなくす事、物を大切にする事によるエコロジーを提案しています。

 今後益々私どもに与えられた使命は重要度を増して行くことでしょう。株式会社 職人工房はグローバル化されていく社会の中で、職人プロ集団として人と人との繋がり、サービスを通して笑顔と便利をより多くの人々にご提供する、そんな役割を担っています。

日々職人全員が邁進して参りたいと存じます。