靴修理・バッグの修理ならお近くの百貨店内、職人工房までお訪ねください。

バッグ修理

持ち手、金具交換、染め直し、金具メッキ等本格的なバッグ修理まで取り扱っております。
また、海外で購入したブランド品などは修理の受付ができない、期間が長いなどの声をよくお聞きします。そんな声にお答えして、当社ではイタリア、スペイン、フランス、アメリカなど、海外からの製品を含む幅広いニーズに迅速に対応しております。
もう直らないとあきらめる前にぜひ一度私ども「職人工房」にご相談ください。

修理料金 バッグ

金具類
縫い加工・作成

金具類

ヒネリタイプ 6,000円より
ケリータイプ 8,100円より
マグネットタイプ 6,100円より
ホックタイプ 6,100円より
ダイヤル式錠前 15,500円より
バックル交換 1,800円より
コーナー金具交換 1,600円より
カシメ金具 700円より
底ビョウ交換 900円より
ショルダーチェーン交換 6,000円より

※ 価格は全て税別表記です。

縫い加工・作成

ファスナー交換 7,000円より
スライダー交換 7,000円より
ショルダーカット 3,000円より
ステッチのほつれ 2,800円より
手元革作り替え 1,500円より
持ち手作り替え 6,000円より
内装の交換 16,000円より

※ 価格は全て税別表記です。

バッグの修理前、修理後

BEFORE
BEFORE
バッグ内装部分ですが、湿度の多い日本です。
押入れに入れておいたら、中に白カビがびっしり。
このままでは使えません。
AFTER
AFTER
今回は湿度により、カビの発生やべとべとになるのを防ぐ布製の素材で作成いたしました。
さらさらした質感の布生地素材で内装もバッグの色合いに合わせワインレッドで落ち着いた雰囲気に仕上がりました。
BEFORE
BEFORE
リュックタイプのバッグですが
背中の元の部分がちぎれてしまいました。
AFTER
AFTER
切れてしまった革の部分、できる限り近い素材色の選定をして再度作成しました。
BEFORE
BEFORE
内装部分が長い年月によりボロボロに。
このままでは使用できません。
AFTER
AFTER
今回は内装の素材を合成皮革素材で仕上げました。
ポケットなども当時のまま再現され思い出と共に蘇りました。